関野病院看護部サイト

関野病院看護部サイト > 看護部紹介:各病棟案内

看護部長あいさつ
矢印看護部長あいさつ
矢印各病棟案内
矢印スタッフ体制
罫線
関野病院の働きやすさ
お休みが多い
仕事とプライベートが両立しやすい
アットホームな雰囲気
外部研修費全額負担 スキルアップサポート
ママさん看護師を応援!産休復帰率100%
通勤が便利 看護師寮も完備
罫線

 各病棟案内

関野病院は、大学病院・高度急性期病院の後方支援病院として、地域の役割を担っています。医療機能は、「亜急性期〜慢性期」です。 町並み

脳神経外科・病棟 2階病棟師長「ハートフルな看護を心がけています」

 ADLが様々な患者様が入院している病棟です。患者様の立場を理解し、できる限り患者様のニーズを優先した看護を実践しています。患者様ご本人とコミュニケーションを取ることが難しい場合は、ご家族の希望や意向を充分にヒアリングすることを心がけています。
 病棟内では何よりも、お互いに助け合いの気持ちを大切にしています。一人が集中して忙しくなった時には、まわりのスタッフが声をかけ、協力しています。忙しく立ち回ることもありますが、病棟は『ありがとう』の言葉と笑顔であふれています。

 各病棟案内 写真 矢印TOPページへ戻る

混合病棟 脳神経外科、心臓血管外科、内科、循環器科等 3階病棟師長「自然と助け合える笑顔の多い環境です」

 医療・看護必要度が高く、全介助を必要とする脳神経外科系の患者様が中心の病棟です。状態が安定し、長期的に療養される患者様が多く、一人ひとりとじっくり関わる看護ができるところが魅力です。
 41床のうち、約10名ほどの患者様は人工呼吸器を付けています。人工呼吸器に苦手意識のある看護師が多いと聞きますが、当院では安全性の高い最新機器を導入しており、医師から人工呼吸器の管理について直接指導を受ける機会が多くあります。ですので、経験がない看護師でも不安なく業務を行うことができています。
 「聴覚は最後まで残る感覚」と言われています。日々の看護実践では、意識レベルが低い患者様にも積極的に呼びかけを行い、ケアはお声掛けをしてから行うなど、ハートフルな看護を心がけています。

 各病棟案内 写真 矢印TOPページへ戻る

心臓血管外科病棟 4階病棟師長「退院されていく患者様を励みに、よりよい看護を目指しています」

 主として心臓の手術後のリハビリテーションを目的とした患者様が入院されています。病棟内のリハビリ室では理学療法士が中心となり、リハビリテーションのプログラムに沿って毎日リハビリを実施しています。
 患者様がリハビリを継続して行えるか否かは、私たち看護師の関わり方が重要であると考えています。患者様が目的意識を持って前向きにリハビリを行うことができるよう、患者様とのコミュニケーションを大切にして、その動機付けをしっかりと行っています。  
 心臓血管や骨折などの大手術を経験し、入院された当初は不安で体力にも自信が無かった患者様が、段階的なリハビリテーションによって元気になられていく姿をみることは私たちにとって、何よりの喜びです。

 各病棟案内 写真 矢印TOPページへ戻る

外来 外来師長「あらゆる角度から「最善の看護とは何か」を考えています」

 各病棟案内 写真

 「地域のかかりつけ病院」として、平日はもとより土曜日・日曜日も診療しています。
 患者様が診療の受付を済まされた後、最初にお会いするのは外来看護師です。安全に迅速に適切な診療を受けられるように、具体的な内容を問診し、採血や注射の処置、診療の補助等を行っています。
 患者様のニーズに臨機応変に対応することを最優先に、あらゆる角度から「最善の看護とは何か」を考え、よりよい看護を提案できるように心がけています。