ホーム > 病院の概要:病院の取り組み

病院の取り組み

<委員会活動>

関野病院では各種委員会を設置し、適切かつ安全な医療の提供を目指しております。


●感染防止対策委員会
感染対策に関する院内全体の問題点を把握し、改善策を講じ院内感染対策活動の中枢的な役割を担い、対策を要する事案の解決のための方策を策定します。

 

●褥瘡防止対策委員会
褥瘡対策に関する診療計画および経過評価表の作成、 職員の啓蒙のための研修会を実施しています。

 

●医療事故防止対策委員会
医療事故の防止体制、対応体制の整備と確立をはかり、適切かつ安全な医療を提供できるように取り組んでいます。医療サービス提供の過程で発生する「患者さんの安全に関わる様々なタイプのリスク」を把握・分析し、これに対応することによって、医療の質を確保し、安全で最善な医療サービスの提供に取り組んでいます。

 

●物品委員会
病棟で使用されている医療機器の管理、保守点検や、医療材料の適正管理を行います。

 

●栄養管理(給食)委員会
患者様と職員における給食に関する運営の適正、効率化をはかり、かつ患者様における適正な栄養管理を目的としています。

 

●医療安全管理委員会
医療安全管理に関する各部門・委員会等からの意見の取りまとめ、医療安全対策について検討します。

 

●労働衛生委員会
労働環境の安全衛生管理を目的としています。

 

●個人情報保護委員会
病院における個人情報の保護及び適正な取り扱いについて検討しています。