ホーム > 診療のご案内:薬剤科

薬剤科

常に患者様のアドヒアランスの向上に努めています。

関野病院薬剤科は、2名の薬剤師で常に患者様のアドヒアランスの向上に努め、医薬品の安全性・有効性を確認しながら薬剤関連業務を行っています。

※治療方針の決定について患者自身が積極的に参加し、その決定に沿って治療を受けること。



■調 剤

処方インプットネットワークシステム(RINKS)により、内服薬はすべてODP(1包化)にし配薬、調剤ごとに薬剤情報書を提供し、お薬手帳も利用しています。 注射薬は各病棟で個人セットしています。

■入院時

薬剤管理指導業務を実施し、患者様の入院時より退院時までの薬剤管理をし、服薬指導、副作用チェックをしています。持参薬は持参薬管理表を作成し、薬を無駄にせず使用しています。
また当科では、新GCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)に沿って治験薬管理をしています。

■投薬について

当院は院外処方箋を発行していますので、お薬をお渡しすることはありませんが、例外として検査のための下剤、自由診療の薬剤(禁煙補助剤、勃起不全治療剤、男性型脱毛症用剤)は、薬剤科窓口でお渡ししています。