ホーム > 診療のご案内:栄養科

栄養科

「楽しく、美味しく、健康に。」
楽しい食事から健康へ。
健康は、たのしくおいしい食事から。


栄養科では「楽しく、美味しく、健康に」をモットーに、入院患者様に食事を提供しております。


入院患者様の病状、栄養状態、体格、活動量を医師や他の医療スタッフが把握し、その内容に基づいて栄養管理を行うことで、早期病状回復につなげます。
入院患者様の個別の嗜好や食欲に応じた食事を提供し、よりたのしく、おいしく食事が摂れるよう工夫しております。
病気の回復と再発防止、健康維持のために入院患者様、外来患者様へ栄養指導を行っております。


 食事療養サービス

■食事の種類

一般食 ……… 栄養的に特別な制約のない方向けの食事です。
特別治療食 … 疾病治療に貢献することを目的とし、エネルギーや特定の栄養素などをコントールした食事です。
 ・エネルギーコントロール食
 ・たんぱくコントロール食
 ・脂質コントロール食 など
※一般食、特別治療食において個別にアレルギーや偏食の対応を行っております。

■おいしく食事をしていただくための適時・適温提供

お食事時間は、朝食8:00頃、昼食12:00頃、夕食18:00頃に設定し、日常の生活リズムに合わせた食事時間となっております。
保温食器を使用しておりますので、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく配膳されおいしくいただくことができます。

■食事について

<季節を感じていただく行事料理>
入院中であっても、季節感を感じられるように、行事食を実施しております。お正月やひなまつり、クリスマスといった歳事にふさわしい献立を盛り込み、メッセージカードを添えてお食事を提供し、入院生活に少しでも潤いがもてるようにと考えております。


 栄養管理・食事指導
入院患者様の栄養状態を定期的にチェックし、栄養評価及び栄養サポートを行うことで褥瘡(じょくそう)や低栄養状態を予防・改善いたします。
食事療法が必要な患者様には、医師の指示のもとに管理栄養士が食事のとり方について指導を行っております。(予約制)
お食事、栄養などについてのご相談は、看護師にお申し出ください。管理栄養士が応じさせていただきます。