ホーム > 診療のご案内:検査科 > 心エコー検査とは?

検査科

<心エコー検査とは?>

[目的は?]

心臓は全身に血液をおくるポンプのようなもので、そのポンプとしての動き具合や心臓の筋肉の厚さを評価したりするための検査です。またこのポンプには反対方向に血液が流れるのを防ぐための“弁”というのがついていますがその弁の閉まり具合や開き具合、その他心臓の中に血液の塊がないか等の確認にも使います。術前検査の一つとして行う場合もあります。


[どうやってするの?時間がかかるの?]

手首、足首、胸を出して横になっていただき、手首、足首には心電図のための電極を付けさせていただきます。あとは検者がプローブという超音波を発する道具をあてるだけです。この時、超音波の通りをスムーズにするためゼリー状の物をぬりますが体の害になるようなものではありません。また、いろいろな方向から心臓を診ますのでプローブを当てる範囲も広く、大きさを測ったりしますので時間が20分位かかります。(検査目的によってはもっとかかる場合もあります。)時間がかかる検査ですので検査中多少手足を動かしても大丈夫ですが、どうしても痛いところや痺れなどがありましたらご遠慮なく検者にお伝えください。その他不都合がある場合も同様です。


ホルター心電図

[何がわかるの?]

狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心臓弁膜症、心筋症、心筋炎等色々な心疾患を評価する一助となります。ただしあくまで他の検査結果と総合して判断したり前回の検査結果と比較したりしますので詳細は主治医にお尋ねください。

個体差の問題で超音波の通りが良い人やあまり良く通らない人がいます。このため検査に時間がかかったり十分な評価が得られない事がありますが、これは心臓の状態とは関係なく“超音波”というものの限界ですのでご理解をお願い致します。