ホーム > 診療のご案内:検査科 > 心電図検査とは?

検査科

<心電図検査とは?>

[目的は?]

この検査は脈の乱れ、胸の痛み、動悸、呼吸困難、失神などの症状や原因不明のショックといった場合の診断あるいはその経過観察のために行う検査です。また、術前検査の一つとして手術を予定されている患者さんの心臓に問題がないかを確認するためにも行います。


[何を記録しているの?ビリビリするの?]

心電図とは心臓が動くために患者さんの体内から生じる電気的活動を体の表面から記録するのであり、決して患者さんに電流を流して行う検査ではありませんのでご安心ください。


[どうやってするの?時間がかかるの?]

※当検査室では心電図検査は原則として女性技師が行います。

手足、足首、胸を出してベッドに仰向けに寝ていただきます。この時、足は軽く開いて両手は体から少し離してください。
技師が、手首、足首、胸をアルコール綿で拭いたあと、電極をつけます。アルコール綿で拭くのは皮膚の抵抗を下げて伝導をよくするためです。アルコールでかぶれる方はお申し出ください。


電極をつけ終わったら、体の力を抜いてリラックスし、手足等を動かさないでください。記録自体は1分、長くても2分程で終わりますが、動いたり体に力が入ったりスムーズに記録できない場合は時間がかかります。


記録が終わりましたら電極を外して検査終了です。検査準備から終了までスムーズにいけば5〜10分程度です。(患者さんの状態や検査の状況によりこの限りではありません事はご了承ください。)

心電図検査
胸 部
心電図検査
手 首
心電図検査
足 首

[腰が痛くて仰向けに寝れない場合は?]

腰痛等で仰向けに寝るのが苦痛な方は遠慮せずにお申し出ください。背当てをしたり横向きで寝るなど、できるだけ苦痛なく検査を受けていただけるようにします。その他何らかの痛みや不安のある方、あるいは痙攣(けいれん)等により意識して力を抜くことが困難な方は遠慮なく技師にお申し出ください。


[何がわかるの?]

不整脈の有無や種類、心筋虚血(しんきんきょけつ)、心臓肥大、心筋炎などの可能性がわかります。また、手術を受けるのに問題ないかなどを判断する検査の一つですが、他の検査との総合判断になりますので詳細については医師にお尋ねください。


正常心電図
正常心電図